校章・校歌・校旗

中央アルプス南部、烏帽子岳、校歌に歌われる念丈岳を臨む広い敷地の中で、のびのびと教育活動が行われています。
校地内にはたくさんの銀杏の木、桜の木が植樹され、学校のシンボルとなっています。

  校章

台座は三つかしわの葉。台座の左右の花は梨の花。

上片桐、生田、大島の三地区が一つにまとまった様を表し、町の発展と松川中学校の将来を象徴しています。昭和40年に制定されました。

  校歌

1958年(昭和33年)現在の校歌が制定されました。
藪田義雄先生が作詞、松本民之助先生が作曲され、現在まで歌い継がれています。

下伊那教育会のHPから校歌を聞くことができます。
このサイトから聞いてください。

 校歌 歌詞

松川中学校校歌      1958年(昭和33年)制定        作詞 薮由 義雄    作詞 松本民之肋


1 美わしき梨の花 
 町をめぐりて来し方も 今も行くても
 輝かしわれら
 伊那谷の青空を背に
 誇りあり誇りあり
 若人われら


2 とりよろう山脈(やまなみ)は  
 町をめぐりて念丈の岳を見さくる
 遥けしやわれら 
 伊那谷の雪霜に耐え  
 誇りあり誇りあり 
 若人われら


3 美わしき松川は   
 町をめぐりて春秋を常にうるおす
 朗らかやわれら 
 伊那谷の産土(うぶすな)に立ち 
 誇りあり誇りあり 
 若人われら

  校旗

いくつかの行事の際に、体育館ステージなどに掲げます。

テンプレートのpondt